・JA阿蘇の基礎データ

・JAあそだより
・組合長のあいさつ
・各中央支所の案内から
 各中央支所のページへ
・阿蘇産直オンラインショップ
・JA阿蘇開のイベント案内

・ドライブウェイサービス
 コンテスト
・金融  ・共済
・購買  ・営農
JAネットバンク

JAバンク
・地域および消費者への
 JA施設の利用案内
・阿蘇市内での生産物の
 特徴と産地を案内
・出荷市場およひメーカー、
 店舗を案内
・JA阿蘇の直販施設の案内
・阿蘇市内の町村・
 観光協会のHPにリンク
・阿蘇市内の観光施設の
 案内およびリンク
・阿蘇市内を中心に
 HP発信先をリンク
・JA阿蘇へのHPでの
 問合せ・相談窓口
 
  ドライブウェイサービスコンテスト
JA阿蘇地区大会について(2012年8月23日)
>> ドライブコンテストのバックナンバーはこちら
JA阿蘇購買部では、8月23日に管内久木野給油所にてドライブウェイサービスコンテストJA阿蘇大会を開催しました。
工藤保雄代表理事組合長より「7.12九州北部豪雨災害で連合会をはじめ各農協・青壮年及び各方面の方々よりボランティアに来ていただいたことの御礼を伝えた。また、今大会に向け日々厳しい練習を行ってきたと思う。練習の成果が発揮出来るよう頑張って欲しい。今後日々の業務にも活かしていってもらいたい。」と挨拶されました。
今大会より、セルフサービスSS部門が新設され、管内2ヵ所にあるセルフサービスSSより2名が出場しました。また例年通りフルサービス部門も競技が行われ、管内各フルサービスSS選抜の7名が出場し競技が行われました。
審査はJA熊本経済連燃料課と事務電算室の宇野審査員がAドライバー(運転席)、山口審査員がAドライバー(助手席)を担当し、厳しい目で審査しました。
セルフサービスSS部門では接客態度と総合印象をチェック。フルサービスSS部門では、接客態度などの基本的なことから洗車や点検内容の説明・推進といった応用的なことまで詳細にわたり厳しくチェック。
閉会式では、工藤保雄代表理事組合長より県大会への出場選手2名へ推戴状が授与されました。県大会出場の2名については現在猛特訓中。9月17日にグランメッセ熊本で開催される第35回JA-SSドライブウェイコンテスト熊本県大会に出場します。

大会の開催風景はこちらでチェック!

【フルサービスSSの部】
最優秀賞 内野 亮(長陽SS)
優秀賞 古澤 正剛(久木野SS)
審査員長
特別賞
田口 明日香(西原SS)
【セルフサービスSSの部】
最優秀賞 高村 涼(小国郷SS)

実施要領1【競技方法】

1.フルサービスSS部門前提条件
(1)対象客: 現金フリー客とし、カード類は未所有とする。
(2)給 油: 固定式計量機によるハイオクガソリンの満タン給油(架空給油・25L)とする。
※ノズルは給油開始後、一端計量機に戻し、終了時には取り出して、お客様に確認を行うこととする。
(3)精 算: 現金とし、釣り銭の受渡しも行う。
精算金額は、3,250円(25L×税込130円)とし、5,000円紙幣を預かり、1,750円の釣り銭を返すこととする。
(4)応用動作:
@ 洗車を勧める。(ドライバーは断る)
A 灰皿清掃を勧める。(ドライバーは、申し入れを承諾する)
B フロントガラスの清掃及びワイパーブレードの点検を行う。
C 点検の了承を得て、タイヤ点検・ストップランプ点検を行う。
D 点検の了承を得て、ボンネット内点検を行い、安全点検カードを使い、結果報告を行う。
E すべての点検は不具合がないものとする。
(5)競技車の状況:
@ 現在の走行距離:40,000km
A 使用オイル:JAオイル SL10W-30
B オイルシール記載内容:交換時期 平成24年9月・交換距離 40,000 km 
(6)ドライバーの対応:
@ 洗車の勧めは断る。
A 灰皿清掃の申し入れは承諾する。
B 点検(ワイパー・タイヤ・ストップランプ・ボンネット内)・清掃(フロントガラス)の申し入れは、承諾する。
C その他、競技者の話しかけに対して、状況に応じ対応するものとする。
→セルフSS部門前提条件はこちら
3.ユニフォーム
(1) 出場者は、JA−SS統一ユニフォームを着用する。(新旧とも可とする。ポロシャツは不可)
(2) 靴は、安全靴を使用する。(女性は安全靴に準じたものも可とする)
(3) 男子は、帽子を着用する。(女性は自由とする)
4.競技使用車種: トヨタ・カローラ 1500(平成24年式 オートマチック車)
5.競技手順
(1)   競技前に名札・ユニフォームなど身だしなみを整える。
(2) 競技者は、所定の位置で自己紹介を行う。
(3) 計時開始は、前輪がスタートラインを通過した時とし、計時終了は、前輪がゴールラインを通過した時とする。
(4) 競技者は、競技終了後、速やかに所定の位置に戻り終了した事を告げる。
6.競技時間
@フルサービスSS部門 : 6分30秒以内とし、1秒オーバーにつき0.5点を減点する。
AセルフSS部門 : 6分以内とし、1秒オーバーにつき0.5点を減点する。

表紙
選手・審査員
開催要領
実施要領1
実施要領2